アトピーの方が全身脱毛を受けるときの注意点

アトピーの方は、全身脱毛をするならば自己処理よりもむしろエステサロンなどで処理してもらう方がおすすめです。

肌がドライスキン気味になって防御機能が落ちていることが多いため、除毛クリームなどはかぶれる心配もあり、かみそりは皮膚が傷つくことでかゆみや炎症の原因になります。



自己処理を繰り返すことで皮膚炎を悪化させてしまうこともあるからです。



エステのフラッシュ脱毛は皮膚には基本的に影響を与えずに脱毛できるため、症状が悪化する心配も低くなります。ただし、エステや医療機関で全身脱毛を依頼するときは、いくつが注意するべき点もあります。エステによってはアトピーの方の施術を断る店もあるため、事前に電話などで確認を取りましょう。

エステは医療機関ではないため、少しでも肌にトラブルがある場合は、事故を懸念して断る店もあるのです。また、予約日にちょうど症状がひどくなっていたり、かき傷があったりすると施術をしてもらえないことがあります。その場合は回数を延長できるのかを契約前に確認しましょう。

他には、ステロイド剤を塗っていると、肌が光に反応しやすくなり火傷のリスクがあるため、施術は受けられません。



特定の季節に症状がひどくなる方は、その季節を避けて受けた方がよいでしょう。
エステよりも皮膚科の方が、症状やトラブルに柔軟に対応してもらえます。しかし料金はかなり高くなります。エステでも皮膚科でもアフターケア、特に保湿には充分気をつける必要があります。
いずれの脱毛も熱で毛根を焼くため、肌が乾燥してしまうのです。

アトピー肌は前述のようにもともとドライスキンですから、普通の肌よりも乾燥して、かゆみなどが出やすくなります。
全身脱毛は広範囲の処理になりますから、特に乾燥には気をつけましょう。